求人に関するお問い合せ 03-3882-5383

各ステーションへの問い合せ先

北千住訪問看護ステーション 03-3882-8386

綾瀬訪問看護ステーション 03-6662-5741

鐘ヶ渕訪問看護ステーション 03-3619-0360

すみれ訪問看護ステーション 03-5619-5510

大島訪問看護ステーション 03-5626-7621

大島訪問看護ステーション
江戸川営業所あかり
03-5661-7468

みさと南訪問看護ステーション 048-956-8800

新みさと訪問看護ステーション 048-958-8866

×

認定看護師プレゼンツのエンゼルケア学習会の様子です。

2019.06.26

健和会訪問看護ステーションでは
ステーション所属の看護師による学習会を
行っています。
今回の学習会は「在宅でのエンゼルケア」

実は、このテーマですが
ステーション職員全員対象の研修「現任研修」の
テーマ募集で二番人気の内容。毎年希望に上がります。
そこで、今回は学習会でやってみようとなりました。
講師は、訪問看護認定看護師の鈴木晶子さんです。

さすが、みんなの希望していた内容です。
総勢55名の参加者。
「エンゼルケアは家族が死を受容し、学ぶための援助」
なので、家族が死と向き合うことができるよう
火葬まで遺体をできるだけ自然な形で保つ必要がある。
そのためには、どのような変化が起こるかを学びます。

起こる変化、筋の硬直/弛緩、乾燥、顔のうっ血 
に対して、なぜ起こるのか、そしてその具体的対応

そして腐敗・・・
昔は綿をつめ、体液がでないように、が普通でしたが
今は最優先はクーリング。
どこをどう冷やすかも具体的に説明がありました。
エンゼルセットも昔とは中身が変わっています。
「アルミのカバー、冷えるわー」

そして、看護師が行った処置の後
縛ったあとの手のむくみがとれなかったり、
抜いた点滴の管から出血が止まらなかったり、
看護師のケアのあとに
こんなことになっていることもある、そんな写真でがーん・・・


実際に、とても見やすい資料と分かりやすい説明で
エンゼルケアについて学ぶことができました。
遺体の変化を予測して、
ケアを選択することが大事なんですね。
というわけで、流れの確認。

会場からの活発な質疑応答。
「顎を固定しても、着替えのときに横向けたら動いてしまった。」
「看護師到着までに、入れ歯が入れられなくなってしまった。」
「目が閉じないときにやったケアのあと、大丈夫たったのか?」
などなど、実際の困りごとにも丁寧に答えていただきました。

どのように処置をしたら、きれいな遺体で保てるのか?
そんな興味で参加したのですが
遺体の変化とその対応ができることで、
大切な人とのお別れをきちんとできるように
支援するということが大切だと学んだ学習会でした。

記事一覧に戻る

健和会の訪問看護ステーションを利用者の方へ
健和会の訪問看護ステーションへ求職を希望される方へ
このページの先頭へ