北千住訪問看護ステーション

綾瀬訪問看護ステーション

鐘ヶ渕訪問看護ステーション

すみれ訪問看護ステーション

大島訪問看護ステーション

大島訪問看護ステーション江戸川営業所あかり

みさと南訪問看護ステーション

新みさと訪問看護ステーション

×

病棟と訪問看護の違い~地域看護コース(訪問看護コース)で訪問看護ステーションに異動して今思うこと~

2017.03.22

病棟と訪問看護の違い~地域看護コース(訪問看護コース)で訪問看護ステーションに異動して今思うこと~

大島訪問看護ステーションのAです。

私は病院からステーションに異動して、2月で丸4年になりました。

看護師は、病院でも在宅でも、患者さんや利用者さんに対して、様々な働きかけを行います。

4年たった今、病院と比較して思うのは、

家で暮らす利用者さんたちの返して下さる球のおもしろさです。

 

閉塞性動脈硬化症の90代の利用者さんがいました。

冬になり、足指がどんどん紫色になってしまい、医師からは軟膏を塗るように指示されましたが、

「軟膏のベタベタがシーツや布団につくのがイヤだ」と拒否されました。

私から勧めても拒否され、途方に暮れた訪問が続きましたが、

ある時その利用者さんは、自分で古いブラウスの肩パットを切り取り縫って、

足指を覆うようにしたのです。

肩パットは足指の大きさにピッタリで、保温効果もあったため、

それから足指の色は少しずつ良くなっていきました。

 

病院に入院している患者さんは、どうしても病院の規則で自由を制限されてしまいますが、

家で暮らす人生経験豊富の利用者さんたちの工夫は、

若輩者の看護師の予想をはるかに超える豊かなものです。

 

私たち看護師は、医療的な正解は分かっていなければなりません。

あるいは分からない場合も、分かるまで調べるのが務めです。

でも訪問看護師として私は、それを踏まえた上で、

利用者さんに一方的に医療的な正解を押し付けるのではなく、

人生経験豊かな利用者さんの希望を聞きながら、

どういうことならできそうか一緒に考えていく存在でありたいと、

4年経験を経た今思っています。

 

*江東健康友の会「けんこう」第123号より一部改定し、転載しました。

病棟と訪問看護の違い~地域看護コース(訪問看護コース)で訪問看護ステーションに異動して今思うこと~

記事一覧に戻る

健和会の訪問看護ステーションを利用者の方へ
健和会の訪問看護ステーションへ求職を希望される方へ
このページの先頭へ