Story

看護過程と認知症の理解@訪問看護新人研修|ブログ|健和会訪問看護ステーション

健和会(協議会)訪問看護ステーション教育委員会です。

9/14の新入職員研修は午前「在宅における看護過程」と午後「在宅における認知症利用者の理解」でした。

mjotmsggcpdja-5rgqi-onytu7jqvp1p.jpg

午前の講師は訪問看護認定看護師の鈴木晶子さんです。
今回もzoom開催となりました。

_y8wku0a1cbbtniv48law5m3-vlwl-7g.jpg

訪問看護の対象は利用者家族だけではなく、地域に広がっていることを学びました。
zoomでのグループワークでは、情報を元にアセスメントし看護計画を立案しました。
多くの意見を出し合えました。

6nl38dq0efh75zdt2p3rw8yypxek1ok3.jpg

今後生活者である利用者さんが、こうしてみたいと思えるような具体的な目標と表現で看護計画を立案できるようになりたいと思いました。



54055d2b08627ee0e39ea5061f38c727-1693459805.jpg

午後の講師は認知症認定看護師の高橋文代さんです。

4b9o1qpd7c1pkgbafbde431il17ga2u0.jpg

認知症にもさまざまな障害と原因があり、その人の見ている世界を知ることが大切であると学びました。
事例を通して説明して下さったのでとても分かりやすかったです。

9w20tsdtsv_4m_xzf5w0z7tnbiy0_b6n.jpg

合間で、研修のあった9/14の誕生花を紹介して下さいました。
秋明菊で、優しい色合いの花です。

h11g_mt7evnhmyoisktfgx7n96hh3whz.jpg

今日一日の研修では、看護の基本について振り返ることができました。

ありがとうございました。

一覧へ